田中敏幸研究室

慶應義塾大学 理工学部 物理情報工学科

〒223-8522 横浜市港北区日吉3-14-1

田中居室:26棟310A
学生居室:26棟309

ニュース

全塾テニス大会

6月11日(日)に教職員テニス大会が開催されました。最近、教職員テニス部員が減っており、大会参加者が少なくなっているのを気にしていたのですが、今年は66名の参加者があり、懇親会まで多くの人が残って親睦を深めました。若い職員の方が多いのも今年の特徴でした。若い教員数が少なかったのは少し残念ですが、来年以降に期待できる大会となりました。

第2学期開始

6月1日(木)で第1学期の授業が終了しました。授業終了の翌日(6月2日)に第1学期の期末試験が行われました。授業終了から1日で期末試験というのは、学生にとっては大変かもしれません。6月からは新たな気持ちで第2学期が始まります。私の担当科目としては、学部3年の実験と大学院科目が第2学期も続けて行われます。

大学院入学式

4月4日(火)に日吉キャンパスにて慶應義塾大学大学院の入学式が行われました。理工学研究科の学生たちは、日吉での入学式の後、矢上に来て各専攻(各専修)のガイダンスを受けることになります。いよいよ新学期が始まったという感があります。

学部入学式

4月3日(月)、日吉キャンパスにて慶應義塾大学の入学式が行われました。今年は3月に寒い時期があったため、キャンパス内の桜はまだ満開ではありませんが、春先らしい花のつき具合になっており、ちょうど新入生ガイダンスの期間に満開になると思います。

新年度のガイダンス

2017年度の学部ガイダンスが、3月に前倒しで行われました。3月29日に学部3年と4年のガイダンス、30日に学部2年のガイダンスがありました。まだ3月ですが、いよいよ新年度モードに入っています。来週早々には、学部入学式・大学院入学式などの大きなイベントがあります。

大学院学位授与式

3月28日(火)に慶應義塾大学大学院の学位授与式が開催されます。いよいよ1年を締めくくる最後のイベントということになります。一年間、あっという間に過ぎたような気がします。29日からは2017年度に向けて、ガイダンスが始まります。

学部卒業式

3月23日(木)の午前中に慶應義塾大学の学部卒業式が開催されます。その後、矢上キャンパスに場所を移して学位授与式が開催されます。今年度もようやく終わったという感じです。今年の田中研は、学部で終わって就職する学生が多いので、少し寂しい感もあります。

理工学部懇親総会

3月6日(月)に理工学部懇親総会が行われます。これは今年度で退職される先生方の送別会を含めた総会となっています。今年も以前から親しくしてきた先生方が退職されるので、参加することにしています。

理工学部入学試験

2月12日(日)、慶應義塾大学・理工学部の入学試験が行われました。今年も9,000人を超える受験者数となりました。三田キャンパスと日吉キャンパス両方を使った大規模な入学試験です。

修論発表会

2月8日、9日に基礎理工学専攻・物理情報専修の修論発表会が開催されます。修士課程最後の発表審査となるため、卒論・課題研究などの発表会とは比較にならない厳しさです。田中研からは8人の学生が発表を行いました。

卒論発表会

2月3日(金)、4日(土)の二日にわたり、物理情報工学科の卒論発表会が開催されます。今年度は、最初に5分間のショートプレゼンテーションを行って、すぐ後の時間帯でポスター発表を行います。ショートプレゼンテーションの準備・発表練習とポスターの準備が必要です。田中研からは7名が発表を行いました。

課題研究発表会

1月14日(土)に課題研究の発表会が予定されています。これは大学院修士1年の研究報告会で、修士論文に向けた研究の中間的な報告会の位置づけになっています。今年、田中研は修士の学生が多く、課題研究の発表会では9名が発表しました。

新年の業務開始

理工学部の業務は1月6日が仕事始めでしたが、1月10日が福澤先生の誕生日という慶應義塾としては非常に重要な日であり、義塾全体が休暇となっています。そのため、大学が機能するのは本日(1月11日)からとなります。これから2月にかけて、修士論文の審査、卒業研究の審査、期末試験、入試など大学としては1年で最も忙しい時期となります。

The 16th International Conference on Biomedical Engineering

12月7日~10日にシンガポールにて、The 16th International Conference on Biomedical Engineering が開催されました。田中研からは、田中、永尾、原井、諸富の4名が研究発表を行いました。日本からの参加者はシンガポールからの発表者とほぼ同じ人数でした。他の国からの参加者数を考えると、日本からの参加者がいかに多いかがわかります。3年に1回、シンガポールで行われる国際会議なので、次回の開催は2019年の予定です。

理工学部学科分け説明会

11月26日に理工学部の学科分け説明会が開催されます。学部1年生はまだ学科に配属されていないので、この説明会は理工学部で最も大きなイベントの一つになっています。

2017年度研究室配属

11月15日(火)、13:00から物理情報工学科の2017年度研究室配属説明会が開催されます。説明会の前ですが、多くの研究室で見学や訪問を認めているので、学部3年生が希望の研究室の情報収集に動き出しています。

第21回パターン計測シンポジウム

11月18日~19日に徳島大学にて、第21回パターン計測シンポジウムが開催されます。田中研究室からは、修士1年の村田、須藤、田渕の3名が発表しました。また、村田君が優秀論文賞を受賞しました。

第59回自動制御連合講演会

第59回自動制御連合講演会が、11月10日~12日に北九州国際会議場で開催されます。田中研究室からは学部4年の岩井彩華、和田大二朗の2名が発表しました。また、田中(敏)が医用画像処理関係のオーガナイズ度セッションを企画しています。来年度の第60回自動制御連合講演会は、電気通信大学(東京)での開催が予定されています。

バイオフィリアリハビリテーション学会

第20回バイオフィリアリハビリテーション学会(富山県高岡市)にて、田中研の鎌田君・權正君の2名が発表を行いました。次回の学会開催地は横浜市(神奈川県民ホール)の予定です。